法人概要

名称 税理士法人audience
代表者 和田壮司
事業内容 相続/事業承継、税務/会計/経理
スタートアップ支援、DX導入&外部CFO
相続/事業承継、
税務/会計/経理、
スタートアップ支援、
DX導入&外部CFO
事業所在地 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目6番1号 大手町ビル8階 〒100-0004
東京都千代田区大手町1丁目6番1号
大手町ビル8階
TEL/FAX 03-3213-3402
URL https://www.audience-tax.or.jp
E-mail info@audience-tax.or.jp
関連会社 株式会社audience
WIN社会保険労務士事務所
株式会社日本財産コンサルタンツ
行政書士法人日本財産コンサルタンツ

アクセス

東京メトロ丸ノ内線、千代田線、半蔵門線、東西線、
都営三田線「大手町駅」直結

audienceグループは、
サステナブルな社会の実現に向け、
SDGsの目標達成に取り組んでいます。

メンバー紹介

メインメンバー

代表パートナー

和田 壮司 Takeshi Wada

公認会計士/税理士/行政書士/経営学修士(MBA)
株式会社audience 代表取締役/株式会社日本財産コンサルタンツ 代表取締役
行政書士法人日本財産コンサルタンツ 代表パートナー
一般社団法人100年経営研究機構 参与

2001年 中央大学商学部会計学科卒
2002年 中央青山監査法人(現:新日本有限責任監査法人)入所
2009年 慶応義塾大学大学院経営管理研究科(慶応ビジネススクール)修了
2012年 株式会社日本財産コンサルタンツ 代表取締役就任
2012年 株式会社audience設立(co-founder)
2014年 税理士法人audience設立(co-founder)
2019年 (公社)日本青年会議所2019年度委員長

中央青山監査法人(現:新日本有限責任監査法人)にて、上場企業会計監査、内部統制監査、上場準備サポートに従事した後、PwCアドバイザリー株式会社(現:PwCアドバイザリー合同会社)や株式会社KPMG FASにて、事業再生やM&Aアドバイザリー業務に従事。また、ベンチャー企業に役員として参画し、財務・管理会計の基礎、規程等の作成、内部統制や資金繰り管理など内部管理体制構築に携わる。創業・事業拡大・事業再生・事業承継など企業の各ステージにおけるサポートを経験し、財務会計・経営管理の視点からの分析力と提案力に強み。2012年に株式会社audienceを設立し、StartUP/IPO/M&A/事業再生など各企業のステージにおいて、プロのアドバイザーを適時適切にアテンドするサービス「ProAttend」を運営。その他、各社顧問や社外取締役を務める。

パートナー

池田 かおる Kaoru Ikeda

CPCC(米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ)/税理士

青山学院大学国際政治経済学部国際政治学科卒
2002年 中央青山監査法人(現:新日本有限責任監査法人)入所
2006年 リソース・グローバル・プロフェッショナル・ジャパン(株)入社
2009年 独立
2014年 税理士法人audienceパートナー就任(co-founder)

中央青山監査法人(現:新日本有限責任監査法人)にて上場企業会計監査等に従事。
その後外資系会計コンサルティング会社において企業の会計・財務のコンサルティング・サポート業務を行う。独立後は、サステナビリティを志向する(今でいうSDGs)企業を中心に会計・税務面でのサポートを行うとともに、人がその人らしく、可能性を開いていきいきと豊かに生きることを、コーチングやメンタリングを通じてサポートしている。

シニアマネージャー

高橋 賢 Ken Takahashi

2001年 中央大学商学部会計学科卒
2003年 (株)船井財産コンサルタンツ東京銀座(現:(株)日本財産コンサルタンツ)入社
2005年 大野木総合会計事務所入所
2010年 税理士法人あすなろ入所
2017年 税理士法人audience参画
2017年 一般社団法人安藤企画 理事就任

大野木総合会計事務所にて、法人・個人の税務会計業務及び市街地再開発組合の税務会計業務に従事した後、税理士法人あすなろにて、法人・個人の税務会計業務のほか、MAS(マネージメントアドバイザリーサービス)監査業務に携わり、法人の経営や資金繰りのアドバイスを行う。また、相続税や資産税案件を専門に携わり、生前贈与や相続対策の提案を行い、大手保険会社の主催する相続対策セミナーの講師を務める。

グループエグゼクティブ

株式会社audience 取締役

小川 和聖 Kazumasa Ogawa

弁護士/小川和聖法律事務所 代表
日本サッカー協会(JFA)公認C級コーチ
東京大学運動会ア式蹴球部(サッカー部)LB会理事/日本プロ野球選手会公認代理人
全国倒産処理弁護士ネットワーク会員/経営革新等支援機関認定(2013年7月)

2002年 東京大学法学部卒
2007年 外国法共同事業オメルベニー・アンド・マイヤーズ法律事務所勤務
2010年 蒲野綜合法律事務所勤務
2012年 小川和聖法律事務所開設
2012年 株式会社audience取締役就任(co-founder)

外国法共同事業オメルベニー・アンド・マイヤーズ法律事務所において、外国企業をクライアントとする訴訟案件、M&Aや会社法案件など、各種企業法務に従事。蒲野綜合法律事務所では国際独禁法違反事件のほか、各種国際案件を担当し、企業・国際案件に強みをもつ。2012年には小川和聖法律事務所を開設し、投資案件を含むベンチャー企業案件、スポーツ案件、知的財産案件(商標、著作権のほかAI・医療技術など)、相続案件等を多く手がける。

パートナー

加藤 香佳子 Kayoko Kato

社会保険労務士/社会福祉士/WIN社会保険労務士事務所 代表

立教大学卒業後、全日本空輸株式会社入社
2008年 WIN社会保険労務士事務所開設
2020年 税理士法人audienceと提携

8年間勤務した全日本空輸株式会社にて、国内線・国際線チーフパーサー、VIPフライト、新入社員インストラクター等を担当。社会福祉士、社会保険労務士資格取得後は、総合病院でソーシャルワーカーとして、医療相談などの業務を担う。その後、人材派遣会社で給与計算、入退社、派遣登録手続きなどの労務管理業務に従事。
介護・医療業界に強い社会保険労務士として、医療・介護業界の給与計算業務、規程作成やハラスメント対応、人事評価制度設計等の労務管理支援を行う。また、各種助成金を活用した労務管理体制の構築、教育訓練体系の設計と研修実施のご提案も担当。